先輩社員Story

村松 真智子

Muramatsu Machiko

村松 真智子

1998年中途入社
本社 人財開発部
ビューティーアドバイザーチーム/
ディレクターとして活躍中。

オーレンジを志望した理由

遡ること17年前、
飲食店やアパレルなどのアルバイトを転々としていた当時19歳だった私。

次は流行りの携帯電話を販売する接客業がやってみたい。
そして正社員というよりも、遊べる時間がたくさん欲しい。。。
そんな軽い気持ちで夕方だけのアルバイトから私のオーレンジ人生はスタートしました。
今思うと当時の私は、キャリアウーマンになっていく自分や、
人のために頑張ることなど全く想像していなかったです。(笑)

役職・仕事内容

色々経験させてもらっています。笑

販売スタッフ→店長(現・マネージャー)→統括責任者
(現・ディレクター)→産休・育休→ 面接官・研修講師→産休・育休→
そして現在はビューティーアドバイザーチームのディレクター。
(色々経験させてもらっています。笑)

仕事内容はプロのメイクアップアーティストの資格を勉強しながら、
店舗を巡回し、ショップスタッフの身だしなみを確認。
ヘアサロン手当てのランクを査定。

男性は紳士力、女性はよりエレガントになるよう
アドバイスを行い、さらに輝けるようサポートしています。
また、新たに入社となる新卒、中途の方々にはスタート研修にて基礎からお教えしています。

そして、毎月行うビューティーアドバイザーミーティングでは、 ビューティーアドバイザーに所属するメンバーにメイク講座学んだ事をレクチャーしています。

仕事のやりがい

ズバリ!「人のお役に立てること。」

ここにくるまでに随分と時間がかかりました。 最初はお金が欲しいから働く。
やりがいって?考えていなかったですね。
そこから、仕事が出来るようになると楽しくなり自信がつきました。
この時は仲間から褒められることが嬉しくてやりがいになっていました。
さらに成長して仲間となるメンバーが増えてからは、メンバーに必要とされるように役に立ちたい。ハードなクレームからもメンバーを育てるし、守る!と決めて、お客様に苗字で呼んでもらえるような接客をしてお役に立てることがやりがいへとなっていました。

思い出に残るエピソード

自分で行くと決めた岐阜エリア進出でしたが仕事でこんなにも苦しいことがあるんだ。。。 と体験した岐阜エリアの立ち上げです。

当時は出店が続き、メンバーも少なくとにかく休みなく必死な日々でした。
そして、岐阜でNo. 1のオーレンジになると意気込んでいたのに実績が伴わず色んな施策を考えては次の施策とやっていましたね。
今の近藤ディレクターには当時も随分助けてもらいましたし、時間も忘れるくらい共に熱く語り頑張った仲間ですね。
そして今では、当時岐阜で面接し、岐阜で一緒に働いていた仲間が6年の月日を経て、 ビューティーアドバイザーチームを発足後、移籍してきてくれたことが嬉しく、一緒に活動できている今もとっても楽しいです!

今後の夢・目標

家庭も仕事も幸せを継続していきたいです!

2人の子も、1歳、3歳と手のかかる年頃ですが、
大きくなっても明るい家族でいたいですし、仕事しながらのシャレママになりたいです。
男性社員はカッコよく、女性社員はエレガントに全員がいつも光り輝いていられるサポートをしていきたいです!

私はフリーターで職を転々としていましたが、オーレンジで人生が大きく変わりました。

でもこれは、誰かが変えてくれるのではなく「自分が変わろう!」と気づきを与えてくださったから。
”人財価値向上に挑戦する ”
まさに弊社はその通りだなって思います。
人ってこんなに変われるんだな。と自分でも驚きました。もちろんいい方向に。笑。 私は、入社してくれる方に最初、
「腰掛けでもいいんだよ」と声をかけてきました。

でもこれは腰掛けの軽い気持ちで入っても、
必ずその方と共に成長して、いつか退職することがあったとしても、オーレンジにいた時の人生は絶対に後悔させない良い人生にしてあげたい! と思ったからです。
1日の内で仕事している時間は大部分をしめるからこそ、仕事=自身の成長になる会社です。

求人

あなたからのご応募お待ちしています♪

応募フォーム

Copyright (C) 株式会社オーレンジ. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.

pagetop